地盤保証について

2009年10月1日以降に引き渡す新築住宅には、「住宅瑕疵担保責任保険」(瑕疵保険)に加入
することが義務づけられ、保険に加入するためには地盤調査も原則必要となります。
いまや住宅の地盤調査は常識となっておりますが、今一度地盤の重要性を認識される時では
ないでしょうか。


不同沈下が発生した物件の修復には一般的に700万~1,000万円かかると言われています。
万が一事故が起きた場合、地盤自体の補強・損壊した建物の修復などにかかる莫大な補修費は建築
業者が負担することになるのです。
しかし、 瑕疵保険では地盤の事故は対象外となっているため、地盤保証は別途で必要になります。

現在では多くの地盤保証が存在しておりますが、実際には100%の保証がされなかったり、
規定通りの年数の契約がなされていなかったりするものもあります。
当社では様々な地盤保証を内容を詳しく吟味・検証し、規定通り補償されることを大前提に
補償内容においても最も充実している地盤保証を利用しております。


取扱地盤保証

  グランダートユニオン
【グランセーフ50】

 ㈱ トーセ・フィールドサービス
【住宅地盤保証システム】

保証期間 20年間(延長可能) 11年間(20年に延長可能)
補償金額 5000万円 3億円
対象構造物 全て (擁壁・高層ビル等) 建物ほとんど全て(用途による)

利用条件
(地盤調査)

全て
(但し、補強工事不要の場合には
当社で調査した物件に限る)

全て
(但し、補強工事不要の場合には
当社で調査した物件に限る)
利用条件
(地盤補強)
当社で施工した
認証工法・認定工法施工物件に限る
当社で施工した工事物件全て
業者登録手続 不要 必要
パンフレット ダウンロードはここをクリック ダウンロードはここをクリック